siha blog

Node.js

nodenvでNode.jsの環境構築をしてみました。

2020/06/18

Macにnodenvを入れていきます。
nodenvはプロジェクトごとにNode.jsのバージョンを指定しておくことができ、プロジェクト毎に指定し直さなくても自動で切り替えてくれるので便利です。
今まで自分はnodebrewを使っていましたが、新しくiMacを購入したので、今回はnodenvを使うことにしました。備忘録として思い出しながら書いていきます。

anyenv経由でnodenvを入れていきます。
anyenvはRubyのrbenvやPythonのpyenvなど、バージョン管理をする**env系を一括で管理できるようにしたものです。今回はその中のnodenvを入れていきます。
https://github.com/anyenv/anyenv

まずはanyenvをインストールします。

$ git clone https://github.com/anyenv/anyenv ~/.anyenv

pathを通します。bashの場合は.zshrc部分が.bash_profileになります。

$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zshrc

SHELLを再起動します。

$ exec $SHELL -l

nodenvをインストールします。

$ anyenv install nodenv

nodenvのpathを通します。(anyenv経由でnodenvインストールしている人でnodenvのpathを通してる記事をあまり見ませんが、当たり前のようにやっているのか、必要ないのか。自分は不慣れなので、調べつつ進めてましたがここで数十分詰んでました。結果的にpathを通したら上手くいきました。)

$ echo 'export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
$ echo 'eval "$(nodenv init -)"' >> ~/.zshrc
$ exec $SHELL -l

うまくいっていればnodenvを使える状態になってると思います。

Node.jsを使用したいプロジェクトに移動します。

 $ cd /Users/siha/Desktop/test 

インストールできるバージョンを確認する。

$ nodenv install -l

インストールする。

$ nodenv install {任意のバージョン}

プロジェクトに任意のバージョンのNode.jsを設定する。

$ nodenv local {任意のバージョン}

以上までを行うと、プロジェクトの中に.node-versionというファイルが生成されているかと思います。nodenvはこのファイルを検出してバージョンを切り替える仕組みみたいです。

使いたいバージョンがインストールされているか確認しましょう。

$ node -v

指定したバージョンになっていたら完了です。

自分自身知識不足と不慣れな作業のため時間がかかってしまいましたが、そこまで難しいことをしている訳ではないので、落ち着いて一つ一つ進めていけばいい感じに上手くいくと思います。

share

Profile

siha

web制作について勉強中の学生。